日本の童話について

こんにちは。

kemsimです。

今日は、日本の童話を紹介したいと思います。
Hoy me gustaría presentar cuentos de hadas japoneses.
(オイ メ グスタリア プレセンタール クエントス デ  ア ダス ハポネセス)

まずは「桃太郎」です。
Primero es “Momotaro”.(プリメーロ エス モモタロー)

昔、あるところに、おじいさんとお婆さんが住んでいました。
Érase una vez , un anciano y una anciana vivían en un lugar.
(エラセ ウナ ヴェス ウン アンシアノ イ ウナ アンシアナ ヴィヴィアン エン ウン  ルガール )

おじいさんは、山へ。
El abuelo va a la montaña.(エル アブエロ バ アラ モンターニャ)

おばあさんは、川へ。
La abuelita va al río.(ラ  アブエリータ バ アル リオ)

お婆さんが、洗濯をしていると
Cuando la anciana lavaba la ropa
(クアンド ラ アンシアナ ラバーバ ラ  ロパ)

大きな桃が流れてきました
Un gran durazno está fluyendo
(ウン  グラン デュラスノ エスタ フルジェンド)

ドンブラコッコ ドンブラコ
“Dom Bracocco Dombraco”(ドンブラコッコ ドンブラコ)

おばあさんは、持って帰りました。
La abuela trajo a casa.(ラ  アブエラ テュラホ ア  カサ)

おじいさんが、切ろうとした時
Cuando el viejo trató de cortar
(クアンド エル ヴィエホ テュラト デ  コルタール)

桃が割れて、中から赤ちゃんが出てきました。
El durazno se rompió y un bebé salió del interior.(エル デュラスノ セ  ロンピオ イ  ウン  べべ サリオ デル インテリオール )

おじいさんとおばあさんは
Abuelo y abuela(アブエロ イ アブエラ)

「桃太郎」と名付けて、とても可愛がりました。
Lo llamé “Momotaro” y fue muy lindo.
(ロ ジャメ モモタロー イ  フエ ムイ リンド)

桃太郎は、どんどん大きくなり強くなりました。
Momotaro se hizo más grande y más fuerte.
(モモタロー セ  イソ マス グランデ イ マス フエルテ)

この頃、鬼が来ては、人々を苦しめていました。
Alrededor de este tiempo, a menudo venían demonios y afectaban a las personas.
(アルレデドール デ  エステ ティエンポ ア メヌード ヴェニアン デモニオス イ アフェクターバン ア ラス ペルソナス)

桃太郎は、鬼退治の旅に出ることにしました。
Momotaro decidió embarcarse en un viaje de exterminio de demonios.
(モモタロー デシディオ エンバルカールセ  エン ウン  ヴィアフェ デ  エクステルミニオ デ  デモニオス)

お婆さんが「きびだんご」を作ってくれました。
La abuela hizo “Kibi Dango”.(ラ  アブエラ イソ キビダンゴ)

旅をしていると、犬がやってきました。
Un perro vino mientras viajaba.
(ウン  ペロ ヴィーノ ミエントラス ヴィアハーバ)

「きびだんご、一つ私に下さい」と言いました。
Él dijo:”Kibi Dango, dame uno”.(エル ディホ キビダンゴ ダメ ウノ)

一つ与えると、「私を家来にして下さい」と言って、ついてきました。
Cuando le di uno, dijo: “Por favor, hazme un vasallo”.
(クアンド レ ディ ウノ ディホ ポルファボール アスメ ウン  ヴァサジョ)

しばらく行くと、猿が来ました。
Después de un rato, llegó un mono.
(デスプエス デ  ウン  ラト ジェゴ ウン  マノ)

「きびだんご、一つ私に下さいな」と言います。
“Por favor, dame un dango”.(ポルファボール ダメ ウン  ダンゴ)

そして「家来にして下さい」と言ってついてきました。
Luego dijo: “Por favor, hazme un sirviente”.
(ルエゴ ディホ ポルファボール ウン  シルヴィエンテ)

しばらく行くと、キジが来ました。
Después de ir por un tiempo, llegó un faisán.
(デスプエス デ  イール ポル ウン  ティエンポ ジェゴ ウン  ファイサン)

「一つ私に下さいな」
“Por favor dame uno”(ポルファボール ダメ ウノ)

「家来にして下さい」と言ってついてきました。
Él dijo: “Por favor, hazme un sirviente”.
(エル ディホ ポルファボール アスメ ウン  シルヴィエンテ)

海につきました。
Llegué al mar.(ジェゲ アル マール )

船を用意して、「鬼ヶ島」を目指します。
Prepara un barco y apunta a “Onigashima”.
(プレパラ ウン  バルコ イ アプンタ ア オニガシマ)

「鬼ヶ島」につきました
Llegué a “Onigashima”(ジェゲ ア オニガシマ)

鬼がいると、キジが目を突きます。
Cuando hay demonios, el faisan picotea sus ojos.
(クアンド アイ デモニオス エル ファイサン ピコテア スス オホス)

犬が足を噛みます。
El perro muerde sus patas.(エル ペロ セ ムエルデ スス パタス)

猿が、顔を引っ掻きます。
El mono rasca sus caras.(エル モノ ラスカ スス カラス)

たまらず、鬼たちは降参します。
Insoportablemente, los demonios se rendirán.
(インソポルタブレメ ンテ ロス デモニオス セ  レンディラン)

とうとう、鬼の親分を、桃太郎が組み伏せました。
Finalmente, Momotaro derrotó al jefe demonio.
(フィナルメンテ モモタロー デロト アル へフェ デモニオ)

鬼は「財宝は、いくらでも差し上げます。命は助けて下さい」と言いました。
El demonio dijo: “Te daré todo el tesoro que puedas. Por favor, salva la vida”.(エル デモニオ ディホ テ ダレ トード エル テソロ ケ プエダス ポルファボール サルヴァ ラ  ヴィーダ)

桃太郎は、たくさんの財宝をお土産にして、帰ってきました。
Momotaro está de vuelta con muchos tesoros como recuerdos.
(モモタロー エスタ デ ブエルタ コン ムチャス テソロス コモ レクエルドス)

おじいさんとおばあさんは大喜びです。
El abuelo y la abela están encantados.
(エル アブエロ イ ラ  アブエラ エスタン エンカンタードス)

それからは、仲良く暮らしたそうです。
Desde entonces, parece haber vivido en armonía.
(デスデ エントンセス パレセ アベール ヴィヴィド エン アルモニア)

おしまい。
El fin.(エル フィン)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る